『サボテンとかサハラ砂漠とか。』

 

本的に自画自賛するのが好きだ。

なぜなら周りに上げてもらう必要性がないから。

僕はこんな生きかたをしているために、結構周りからお叱りを受けることがあります。

妊娠した妻を連れて、メキシコの山奥住んでみたり、乳飲子抱えて南米旅したり、アフリカに急に引っ越したり、飲食店経営したこともないのに、ラーメン屋始めたり。

そりゃあ、言われますわ。

 

 

しかし、何もかも全て、僕は前に進む力に変えている。

「賛成1%、批判99%」でも、自分にとってみたら「賛成を絶賛!」。さらに「そのたった1%を120%」ぐらいにかえてしまっている。

これは妄想癖というか『誇大妄想』、周りの言うことなど、どうでもいいのかもしれない。

大きな物事を決めるとき、基本的に妻以外には相談しないし、すべては自分基準。

それがワクワクするようなことかどうか、深いところからやってくる直感を信じて、ただ淡々と決める。

そして粛々と行動に移す。

 

 

それで先日、私の妹が母親にこんなことを言っていたと、えっツン(妻)が言いだした。

「兄貴はサボテン」と。「ほとんど水やらんでも勝手に育った」と。。。。

いやーなるほど。言い得て妙!

子供はほっといても勝手に育つしね。

親は大抵平等に子供に接しているのだが、人それぞれによって受け取り方が違うから、結構家族関係に問題のある人は多い。

特に次男だし、ほっとかれたのが幸いしたのか。

 

今こうして本当に好きなことをして楽しく生きまくっている。

色々なヒト、コト、モノに支えられて、今日もこうして異国の地で家族元気に健康でいられる。

この世界に生かされている。

日々ハイパー感謝!

何か世のためできることは、自分で自分自身を上げること。

自画自賛していこう!とりあえず自分上げてこう! 

気づいたら周りも上げてるかもしれない。

そこでは雨が降らなくても枯れることなく、輝きを一層放つために。

2018・3・15