『語学を学ぶという喜び』

『語学を学ぶという喜び』

今日は真面目に語学習得について考えます。
日本語以外の言葉を使って、まったく違う環境で育った人たちとコミュニケーションを図る。
それってすごい刺激的なことではありませんか?

もちろん旅先における日常会話もその一つだし、言葉を使わずに会話をするといことももちろん可能です。
でも、日本人と日本語で話すように、外国人と外国語で、会話ができたら最高に楽しいですよね。

急に旅先で外国語で話しかけられても、堂々と挨拶を返せたら、さらに気分は上がるんじゃないでしょうか?
僕自身が海外にずっといて、まったくホームシックにかからない、異文化にずっと興味を持っていられるのは、その国における言語を楽しんで学んでいるからです。

今日は僕なりの言語に対する考え方を書き綴りたいと思います。
『英語』

英語については、発音がすべてと言えます。
なぜなら、日本語にない発音記号が大多数を占める英語において、英語の独特の発音をマスターしない限り、音自体を捉えることが難しいため、英語のコミュニケーションがかなりストレスになるからです。
読み書きはできても、『聞けない、伝わらない』といった苦しさを伴うものは、本当の意味で、外国人とのコミュニケーションをとる楽しさを、体験できずに終わります。
音が一音ずつちゃんと聞けると、単語の意味がわからなくても、リスニングが心地よくなっていきます。
英語は破裂音や子音が多いので、まるでヴォイスパーカッションのようです。
音が捉えることができるようになると、聞き取った音自体から、単語の意味を調べられます。
 ここで一旦、

『英語小話』
ニューヨークにいたころ僕はキッチンのすぐ真横に無理やりパーテーションで作られた部屋に住んでいました。
ここの管理人のブルックリン出身の黒人Wはとにかく話すのが大好きで、毎日2、3時間平気で喋っていました。
寝ている間も延々と喋っています。
彼のアフロアメリカンな英語がラップのような刻み方をするので、音楽をかけてないのに、裏でビートが聞こえてくるんです。

最高の『睡眠学習装置W』、それも超最前列のライブ。
ありがとうウィリアム。
おかげで一音一音聞き取れるようになりました。
発音矯正なら『英語耳』ていう本がオススメですね。常に3冊ぐらい持ってて、よく友達に配ってました。

http://www.eigomimi.info

1に発音、2に文法、3に単語が英語習得の近道です。
『スペイン語』

Hola. Hello in Spanish.
それとは違い、スペイン語は発音が日本語にかなり近いため、音自体はなれるとすぐに聞けます。

その代わり、英語とは違い、動詞の活用が多いので、”No aprender verbos no Espanol(動詞の勉強なしにスペイン語の習得はない)”というぐらい、動詞の勉強が必要です。
日本人にとって、スペイン語は英語より断然に簡単で、かなりオススメな言語ですね。
文法やって、とにかく実践で喋るだけ。
英語の後に、スペイン語って、かなり相性がいい。

(英語嫌いな人は、先にスペイン語から始めてみましょう。)

そのため、スペイン語は1に文法、2に単語、3に実践です。
『フランス語』
今、フランス語の勉強してますが、発音が難解なのと、読み方がわかりづらい。
フランス語はスペイン語と同じロマンス諸語(スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、フランス語、ルーマニア語)なので、かなり文法、単語ともに似通っている。
フランス語のRには苦戦しています。
でも、フランス語話せるようになりたいです。アフリカ諸国はもちろんのこと、ベルギー、スイス、モナコ、カナダ、タヒチ、ニューカレドニアなど、フランス語圏と呼ばれる国は約50カ国。

世界における国際語としても重要ですし、フランス語話せると、なんかオシャレですよね。
こうやって書いていると、ずいぶん外国語話せる人みたいに見えますが、ぶっちゃけまだまだです。
毎日英語もスペイン語も勉強してます。先は長いし、奥は深いです。
だから語学は楽しくてやめられない。
日常では毎日アラビア語、というかモロッコ語の挨拶程度の会話がメインで、人によって、英語、スペイン語、少しのフランス語と使い分けています。
言葉の努力をしただけ世界は圧倒的に広がります。
将来的には家族で10ヶ国語マスターを目指していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です