『フルムーンの奇跡』

フルムーン🌕のおとつい3/21に奇跡が起きた。

妻が昼頃、娘を幼稚園に迎えにいって、泣きながら帰ってきたので、瑠璃がイジメにでもあったのかと勘ぐってしまった。

そうではなく、なにやら手に郵便物を持っていて、コレに痛く感動しているのだった。

その日は朝からラーメンの仕込みで、厨房に入っていて、「包丁が切れなくなってきたわ〜」なんて話しを妻としていた。

妻が『ルリーズ当て郵便物』の通知書を見て、「お店当てになんだろ❓どこからだろ❓」と、栃木弁佐野訛りで訝しがっていた。

僕は、よくお店を閉めるんで、Googleが「マップから『Ruly’s』を消去します」と、脅かしにきたなと内心ビビっていた。

*先日まで、Ruly’s のGoogleマップには、なぜか【permanently closed】のサインがだされていた😱。
お客さんに指摘されて気づく笑。

そうではなく、なんと日本から包丁が届いたのである❗️

それもいまは製造されてなく入手不可能な逸品らしい❗️

コレは2週間ほど前にルリーズに来店していただいた、12名からなる日本人観光客の方のお一人からだった。

モロッコツアーで来られていた60〜70代の方々と、お店の前でバッタリ出会い、全員来店されたのだ。

正直、僕は断るつもりだった。ウチは小さな店舗で、団体様向けではない。

急に大人数で来られても対応できない。

ガイドの方も予定変更せざるを得ないし。

しかし、1人のおじいちゃんが、僕を遮りさっさと入っていくと、全員なだれを打ったかのように流れ込んできた。

とりあえずガイドの方と話して、コーヒーだけ出すことになった。

そこから、僕ら家族が地球を旅するように生きていること、これまでの海外生活の苦労話しや、お金のやりくりなど、気づいたら2時間ぐらいみなさんとお話しさせてもらって、最高に楽しい時を過ごした。

最後におばあちゃんが、「なんかホッとした〜。」と言って、帰って行かれて、むしろコッチがホッとしました。

まるで僕らの両親に、遠いアフリカの地で会ったかのように錯覚して、その日は暖かい気持ちで過ごせたのだった。

そんなやりとりからの、岐阜の関で、刃物センターを経営されている田中正史さん(最初にお店に入っていったおじいちゃん)から、アフリカまで素晴らしい逸品が届いたのだ。

「砥石送るね〜。」と言われていたが、冗談半分で聞いていた。

なにしろここアフリカですから。。。

そりゃ泣くわ。

田中正史さん、ありがとうございます😊

ルリーズ一同

Ps 、もし岐阜に行くことあれば関刃物センター訪れてみてください。田中さんメッチャお茶目で面白い人です❗️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です